山カメラ。

山カメラ。 1.00.3658

百名山や近場の山の名前や標高をカメラ映像に重ねて表示 スカイツリーなどのランドマークにも対応したARアプリ

山カメラ。は、百名山をはじめとする山々の名前をiPhoneのカメラに映し出さされた実際の映像に重ねて表示できるAR(拡張現実)アプリです。山の名前以外にも、高層ビルやブリッジ、タワーなどのランドマークを表示できるので、スカイツリーなど展望台からの景色も一味違ったものになるでしょう。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 百名山をはじめとする山々の名前を実際の映像に重ねて表示
  • 高層ビルやブリッジ、タワーなどのランドマークも表示できるので観光に便利
  • 検索対象や範囲を設定できるので、画面に映る情報をコントロールできる

反対票

  • AR表示を加えた写真撮影で実際の位置とずれが生じる

良い
-

山カメラ。は、百名山をはじめとする山々の名前をiPhoneのカメラに映し出さされた実際の映像に重ねて表示できるAR(拡張現実)アプリです。山の名前以外にも、高層ビルやブリッジ、タワーなどのランドマークを表示できるので、スカイツリーなど展望台からの景色も一味違ったものになるでしょう。

山カメラ。では、GPSを使ってカメラの映像と周囲にある山の名前と標高が映し出されます。映像はiPhoneを傾けて縦横に切り替えることが可能で、横画面にすると右側の検索設定から表示させたい山やランドマークを選択することができます。縦画面では下半分に地図を表示することができます。

山カメラ。では、検索対象は日本百名山と三百名山、その他の山とランドマークがあり、それぞれのアイコンの右下部分が赤くなると検索対象に含まれますが、ランドマークを対象に加えた場合、画面に多くの名前が映りこみすぎて見にくいこともあります。また、検索設定画面で現在地からどのくらいの距離まで検索対象に加えるかを設定することもできます。現在地周辺の情報が地図上でわかるアプリにはAroundMe、また、周辺を飛んでいる飛行機の情報がわかるFlightrader24 Freeなどもあります。

山カメラ。では、横画面で写真撮影のアイコンをクリックすると、AR表示された山の名前などを映しこんだ写真の撮影ができますが、合成写真のため表示位置は実際の場所と若干ずれてしまいます。

山カメラ。は、百名山をはじめとする山々やランドマークの名前を、実際の映像に重ねて表示できるAR(拡張現実)アプリです。観光やハイキング、縦走登山など、目的に応じて検索対象を選択すると使い勝手が良いでしょう。

— 地図とGPS —

山カメラ。

ダウンロード

山カメラ。 1.00.3658